相場が上昇しようと下降しようと関係ない!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< プラチナ相場について | main | 地金相場について >>
金属相場について
アルミ相場やニッケル相場 それに銅相場、銀相場、プラチナ相場、それに非鉄金属などの相場を総称して金属相場といいます。こうした金属相場は、スクラップなどの廃棄物を売買したい人にとっても、大きく影響します。さらに、こうした金属を取り扱う株式会社の株価にも金属相場は影響します。


海外金属相場は、ロンドン金属取引所のLMEやNYで取引されています。インターネットのネオラインでは、金属の買い取りに行ったり、金属のリサイクルを主に行っています。さらに、金属相場情報も相場表で閲覧することができます。特に、金、銀、プラチナ、銅の相場においては、値動きが大きいので、こうした金属の先物取引を行うのは、ハイリスクハイリターンであると言えるでしょう。


さらに、株式会社メタルネットでは、NYカーブを基準にして、その日の国内の金属相場動向を色々な情報をもとに予測しています。これらの情報や分析結果はすべて有料の情報となります。メタルネットでは、上海先物相場メール速報や、LMEプレマーケットの携帯への速報、それにLMEの相場のFAX速報を知ることができます。金属相場は、それぞれの金属の値段が変化するので、情報をうまく入手して、金属相場の動向を先読みしたいものです。


これらの金属先物市場は、国内の状況によって金属相場が変化します。海外取引が主となっているので、外国為替市場の動向も貴重な情報にしたいものです。インターネットには、金属相場に関するブログがあるので、活用すると良いでしょう。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://market8.jugem.jp/trackback/7
TRACKBACK