相場が上昇しようと下降しようと関係ない!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

外国為替相場とは
外国為替相場とは、自国の通貨と海外の通過との交換比率のことを言います。また、外国為替相場は、為替レートとも呼ばれ、外貨建て相場と円建て相場があります。色々な証券会社では、外国為替相場において外国為替証拠金取引が行われています。外国為替相場では、為替レートが変動するので円を持っているということは、円の価値が変化することになります。


この価値の変化をうまく利用して投資していくことが、外国為替証拠金取引です。たいていの証券会社では、オンラインで申込む場合には、手数料が無料となっています。外国為替相場では、毎日1兆5千億ドルの取引があるといわれています。そういう意味で世界最大の金融市場であると言えます。


株式投資では、それぞれの銘柄において、その日その日で取引数が違います。売買取引数が多い日もあれば少ない日もあります。外国為替相場においては、こうした取り引数の変動はあまりないと言えます。今まで、外国為替相場に参入していたのは、大手の金融機関、銀行、金融マネージャーにしか利用できないものとなっていました。


現在では、輸入業者や輸出業者だけでなく、個人投資家にも外国為替相場は利用されています。外国為替相場での個人投資家は、安定した国の通貨を買い、その通貨の価格が上がるまで待ちます。そして、その通貨の価値が上がれば、高い値段で通貨を売ることで利益を得ています。最も取引量の多い通貨は、米ドル(USD)と日本円(JPY)、イギリスのポンド(GBP)やスイスのフラン(CHF)となっています。