相場が上昇しようと下降しようと関係ない!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

金相場について
相場とは、金の相場のことで、これは世界市場で取引されています。これは、株や債券などの値動きとは逆の値動きをするため、証券市場があまり振るわない時に注目されています。資産を株や債券などの財テクで増やそうと考える人なら、金相場で分散投資を考えることは、リスクが少なくてよいと言えます。


もともと株や債券は価値がなくなった場合、一枚の紙切れ同然となりますが、金相場の場合には金そのものの価値が残ります。金相場の世界市場は、ロンドン、香港、チューリッヒ、ニューヨークです。特にこの四つの市場は、大金市場と称されるくらい頻繁に取引されています。この中でも、特にロンドン市場で決まった金相場は全世界に影響を及ぼすと言われています。


相場は金の先物取引なので、他の大豆や貴金属や農産物と同じように、将来の一定期日で決めた価格や数量で決まる取引です。金相場が安定し、安いところで金を購入し、金が上がれば売り、金相場が高い時には先に売り、下がれば買い戻すといった形で利益を得ます。日本では、東京工業品取引所で金が取引されています。


一般に金相場で投資する場合には、地金と金先物があります。地金は、実際に金の塊を一キロ単位で取引しています。ただし、これらは金の塊にするのに、加工量などが必要となってきます。それが金の価格にも影響してきます。金を1キロ取引するにはだいたい300万円ほどの資金が必要となってきます。そこで、金先物取引では、10万円以下で取引することが出来ます。