相場が上昇しようと下降しようと関係ない!
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

為替相場について
テレビでは毎日、東京為替市場の円相場を伝えています。これは、円の世界市場における取引価格を示しています。為替相場は、為替レートとも呼ばれ、円に限らず各国の通貨取引の相場のことです。金融機関における市場には、債券現先市場やレポ市場、CD,CP市場などのオープン市場と金融機関同士で、資金の過不足調整のために取引をする、インターバンク市場があります。


為替相場は、このインターバンク市場で取引される取引相場となります。これらはすべて電話や電子端末を使って取引されているので、一瞬のうちに世界各国と為替相場取引をすることが出来ます。為替相場は、1973年までは固定為替相場制が取られ1ドル360円と決まっていました。以降は、外国為替市場では、各国の経済状態に応じて交換比率レートが変動する変動為替相場となりました。


ただし、変動率があまりにも大きくなれば、日本銀行や財務省が介入し変動幅を最小限に留める動きに入ります。これにより、市場価格は、各国の取引時間に合わせて取引されます。為替相場というと、一般には円とドルの交換比率を指すことがほとんどですが、中にはEUのユーロとの交換比率を指す場合があります。


毎日発表されるマーケットプライスが、それぞれの国の経済状態を表していることは言うまでもありません。この為替相場は、株やそれぞれの国の経済に大きく影響を表します。そこで、投資家達はこうした為替相場を把握し、将来を予測することによって、投資信託などを運営しています。