相場が上昇しようと下降しようと関係ない!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

地金相場について
地金とは、金属を溶かしてある形に整えられたものであり、地金相場は、金価格やプラチナ価格そして銀価格のことを言います。こうした地金相場は、インフレなどに強いといわれています。金とプラチナはグラム単位で、銀はkgで取引され、地金相場は、株価の様に価格は変動します。


日本で取引される地金相場は、海外地金相場を基にして、ドルの為替レートで計算されます。そこで、地金相場はそれぞれの地金の価格の変動だけでなく、為替市場においても、大きく左右されます。株式売買には、売買手数料と税金が必要になりますが、地金売買においては、運賃や保険料、手数料さらに取り暑い買い業者のマージンが加えられて価格が決定します。


海外の地金取引市場には、金と銀を取り扱うロンドン現物市場、金を扱うニューヨークCOMEX先物市場、そしてプラチナ、パラジウムを扱うニューヨークNYMEX先物市場があります。こうした海外の地金市場は、地金相場に大きな影響を与えています。ロンドン現物市場では、午前と午後の二回、値決め価格があります。


地金を売買する方法の一つとして、田中貴金属や木谷貴金属などの会社で取引する方法があります。これらの各社のホームページでは、地金相場が掲載されているので、情報を得ながら地金取引をすることができます。証券会社でも、こうした地金取引が行われているところが増えてきました。これらのホームページで、メールマガジンの配信を登録しておけば、売買のタイミング情報を受信できます。